海外サイズの靴を知ろう!自分にあった靴のサイズの選び方を徹底研究!

2022年8月6日

デザイン性の高さだけでなく、豊富なサイズが揃っていることも、海外ブランドの靴の魅力ですね。

しかし、そのサイズ表記は、国によって様々です。

むしろ、日本のようにセンチ表記の国は少なく、             

「どうやってサイズを選べばいいの?」
「センチじゃないとピンとこない!」   

といった疑問から、購入をためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、海外の靴のサイズを選ぶ上でのお悩みの解消法、 注意点について解説します!

Sponsored Link

海外の靴を買おう!

海外ブランドのシューズは。。

  • 日本にないデザイン
  • 豊富なサイズ展開

が魅力的です。

近年では、輸入靴を扱うネットショップも増えており、実店舗ではなく、通販で購入する機会も増えています。

しかし、その際にネックとなるのが、サイズ選びです。

海外の靴は、センチ表記ではないことが多く、自分に合ったサイズを、

センチ表記から換算して選ばなければなりません。

その上、靴幅も国によって違うため、せっかく購入しても、小さすぎたり、ブカブカだったりすることもしばしばですね。

Sponsored Link

色々な国のサイズ表記

 

 

そもそも、世界の靴のサイズ表記は、いくつあるのでしょうか?

靴のサイズ表記には、センチ表記以外に、    

①イギリスサイズ(UK)  

アメリカサイズ(US)

③ヨーロッパサイズ(EU)  

などがあります。

では、それぞれのサイズ表記について解説します!

 

イギリスサイズ(UK)   

UKは「United Kingdom」の略で、イギリス・アイルランドで用いられている サイズ表記です。   

一般的に、靴幅が狭く、比較的甲高な靴が多いとされています。  

単位は、インチで、最小サイズは0からスタートし、1, 2, 3,…と、   

3分の1インチ(約0.85センチ)ごとに大きくなっていきます。   

また、イギリスサイズでは、メンズとレディースのサイズ表記は同じです。

例えば、25センチはメンズ・レディースともにUK6.5ということになります。    

UKサイズの靴について、もっと詳しくお知りになりたい方の記事がこちらです⇩

アメリカサイズ(US)   

USはUnited Statesの略で、主に、アメリカ大陸で用いられているサイズ表記 です。   

一般に、幅が狭く、甲が低い靴が多いです。   

サイズの刻み方は、イギリスサイズと同じですが、異なるのは、最小サイズが0からではなく、1からスタートする点です。   

そのため、例えば、同じ25センチのメンズ靴であっても、アメリカサイズでは「7」なのに対し、イギリスサイズだと「6.5」ということになります。   

また、アメリカサイズでは、レディース靴は、メンズ靴のサイズに0.5を足したものが、同じサイズとなる点に、注意が必要です。   

つまり、「日本の25センチ=メンズのUS7=レディースのUS7.5」ということになります。

USサイズの靴について、もっと詳しくお知りになりたい方は、こちらの記事をお読みください⇩ 

ヨーロッパサイズ(EU)  

EUは、ヨーロッパのほとんどの国で用いられているサイズ表記であり、「ユーロサイズ」とも呼ばれます。   

こちらもUSサイズ同様、幅が狭く、甲が低い靴が多いとされています。  

ヨーロッパサイズでは、1サイズごとに2/3センチ、つまり、約0.67センチ刻みで、サイズが大きくなります。   

また、日本における靴のサイズ表記は、「足入れサイズ」といって、履く人の足の長さを表しているのに対し、ヨーロッパサイズでは、靴先の部分にいわゆる「捨て寸」を含みます。   

捨て寸は、だいたい、約1~1.5センチほどなので、日本の25センチは、メンズ・レディースともに、「EU40」ということになります。

USサイズの靴について、もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらの記事をお読みください⇩

Sponsored Link

日本のサイズと、UK、US、EUサイズの早見表

では、日本のサイズ(センチ表記)とUK、US、EUサイズを比較した表をご紹介します。

 

メンズ

日本 24.5 25.0 25.5 26.0 26.5 27.0 27.5 28.0 28.5
UK 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10
US 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10 10.5
EU 39 40 41 42 43 44 45 46 47

 

レディース

日本 21.5 22.0 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 25.0 25.5
UK 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6 6.5 7
US 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5
EU 33 34 35 36 37 38 39 40 41

キッズ

日本 11.0 11.5 12.0 12.5 13.0 13.5 14.0 14.5 15.0
UK 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5
US 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9
EU 22 22.5 23 23.5 24 24.5 25 25.5 26

 

日本 15.5 16 16.5 17 17.5 18 18.5 19 19.5
UK 9 9.5 10 10.5 11 11.5 12 12.5 13
US 9.5 10 10.5 11 11.5 12 12.5 13 13.5
EU 26.5 27 27.5 28 28.5 29 29.5 30 30.5
Sponsored Link

革靴とスニーカーは同じサイズでいいの?

では、革靴を選ぶ際、スニーカーと同じサイズ表記の物を購入して良いのでしょうか。  

結論から言うと、答えはNOです。  

スニーカーのサイズは「足入れサイズ(履く人の足の長さ)」を表す一方で、

革靴のサイズは、靴先の捨て寸を含めた「革靴そのものの長さ」を表します。  

つまり、表記上は同じサイズのスニーカーと革靴でも、実際のサイズは革靴の方が大きいということになるのです。

よって、革靴を購入する場合はスニーカーサイズの大きさよりも、1.5~2センチ(US,UKで1.5~2サイズ、EUで2~3サイズ)だけ小さいサイズを選ぶことをおすすめします。 

まとめ

いかがでしたか?

海外と日本のサイズ表記における足幅や足長の違いを理解すれば、海外の靴を購入することに、苦手意識も無くなるはずです。

日本サイズとUK、US、EUサイズとの早見表を使って、海外の靴を、選んでみましょう!

Sponsored Link

Posted by MOhkubo