ブラックチェリーってどんな木?種類・特徴・使われる家具など総まとめ!

2022年5月8日

ブラックチェリーとは、「チェリー材」とも呼ばれ、日本でも、たくさんの家具の素材として使われています。

チェリー材は、皆さんに馴染みのある言葉で言うと、アメリカンチェリーの木ということになります!

ブラックチェリーは、北米からの輸入品が多く、木の特徴は、『経年変化がおこる・スベスベした肌触り・淡い木目』といった特徴があります。

経年変化がおこるというと、マイナスのイメージがあると思いますが、「天然木の証」であり、使い込んでいくうちに。。

  • ツヤ
  • 光沢感

が、出てくるので、逆に、華やかさや高級感が出るということになり、その変化を楽しむのも一つの理由になります。

 

そこで、今回は、ブラックチェリーの木の種類・特徴・使われる家具などについて、お伝えしていきます。

ぜひ、最後まで、ご覧ください。

Sponsored Link

ブラックチェリーってどんな木?

 

  • 名称:ブラックチェリー

その他の名称で、アメリカンブラックチェリー、ワイルドチェリーとも言います。

  • 分類:バラ科 広葉樹 落葉高木

日本のヤマザクラと同じ樹種です。

  • 産地:北米東部

北米産のサクラの中では、最も有名な木です。

  • 樹高:18〜24m 直径:60㎝
  • 用途:キッチンキャビネット 家具 パネル材ドア 船舶内装材 など

日本国内では、家具として多く使われていますが、アメリカでは、丈夫さから、棺(ひつぎ)の材料としても使われています。

 

ブラックチェリーの木は、曲げ強さ、圧縮、耐朽性、耐衝撃性は中間の強くもなく、弱くもないといったところですので、加工しやすい木材と言えるでしょう。

 

しかし、硬度があるため、カットする際に、道具の刃先を鈍らせてしまい、刃を切れなくする恐れがあります。

ですので。。

ブラックチェリー材を使う際には、道具の刃先の点検が定期的に必要になります。

 

Sponsored Link

ブラックチェリーにはどんな特徴があるの?

ブラックチェリーは、大きく分けると。。。
  • 経年変化が激しい
  • スベスベとした肌触り
  • 淡い木目
の3つの特徴があります。

経年変化について

ブラックチェリーの経年変化については、DIYで使用する上では、初めに知っておきたいポイントですよね!

 

経年変化が激しいといっても、劣化や腐敗が激しいわけではなく『天然木の証』と言えます。

新しいブラックチェリー 3年経過したブラックチェリー
写真でもわかるように、新しい状態のブラックチェリーは、薄いベージュのような色合いですが、年月が経つにつれて、味のあるキレイな色合いに変化します。

経年変化のある木材で、よく知られているものが、スギヒノキがありますよね!

 

スギやヒノキも、初めのうちは、白くキレイな色合いをしていますが、年月が経つにつれて色が濃くなり、使い込まれた良い感じの味が出てきます。

 

ブラックチェリーも、同じように、徐々に色が濃くなり、半年から1年も経てば、オレンジ味が強くなり、ベッコウ色のような色合いに変化していき、無垢材ならではの特徴を実感することができます。

 

さらに、15年から20年ほど経つと、もう少し色味も濃くなってきますが、そこまでの違いは出ないので、3年後のブラックチェリーの色合いで、長くお使いいただけるかと思います。

 

家具で表すと、このような違いが出てきますので、使えば使うほど、味が出てきて、より愛着が湧いてくるのではないでしょうか!

 

ブラックチェリー材 葉っぱテーブル

 

※色の変化は、日焼けによるものもありますので。。

  • 置く場所を定期的に変えてあげる
  • 物を乗せっぱなしにしない

 

ということに気を付けて、キレイに経年変化させていきましょう!

 

淡い木目

チェリー材は、細い滑らかな木目をしていますが、無垢材の特徴として、小さな褐色の斑点が、見られるものがあります。

この木の表情は、「キャラクターマーク」と呼ばれ、自然環境の中で、懸命に生きた証のようなもので、その木の個性として現れます。

また、チェリー材は、木の表面に溢れでた集まった樹液を吸うために、虫や鳥がつけた傷痕なども見受けられます。 

 

キャラクターマークの種類

  • ガムポケット:成長段階において、滲み出た樹液が固まった痕が、斑点や線としてできたもの。

   高樹齢のものほど多く見られます。

  • リップルマーク:気候の影響で、縦に入った木目が、横に杢が入った状態のもの。

   さざなみ紋とも言います。

肌触り

チェリー材の材面は、緻密で滑らかな木目を持ち、毎日の拭き掃除だけで、キレイな光沢感が生まれます。

ブラックチェリーの木目は、細い道管が不規則に並んでいるため、淡い木目と滑らかな木肌になります。

つい触ってしまいたくなるようなスベスベな肌触りですので、癒し効果抜群ですね!

Sponsored Link

ブラックチェリーにはどんな種類があるの?産地など

ブラックチェリーは、正式には、「アメリカンブラックチェリー 」といい、さくらんぼよりも、少し大きめの実が特徴です。

植林されたものを除いた自然なものに関して、北半球の暖かい地域に、広く分布しています。

 

多くは、北米東部全域に及び、北米大陸には、現在30品種のサクラ科がありますが、その中でも人気が高く、最高の木材のひとつとなっています。

分類としては、バラ科になり、日本人に馴染みのあるサクラと同じ、サクラ属です。

 

サクラ属とは、通常、白かピンクの花で、5枚の花びらをつけたものをいい。。

  • さくらんぼ
  • プラム
  • モモ

などの実のなる果樹が含まれます。

Sponsored Link

ブラックチェリー材はどんな家具に使われているの?

 

木目が緻密なブラックチェリーは、高級家具に使用されることが多く、ハリウッド俳優にも人気が高いようです。

 

ブラックチェリーを使った家具は、様々なものに使われており。。

  • フローリング
  • ダイニングテーブル
  • 椅子
  • 収納棚

など、生活の一部になっているものに多く使われます。

 

  • ブラックチェリー材 ダイニングテーブル

 

  • ブラックチェリー材 収納棚

 

 

  • ブラックチェリー材 フローリング

 

新品なものの画像ですが、こちらも、年月が経つにつれて、経年変化していきますので、一生ものとして長くお使いいただけます。

アメリカンブラックチェリーの特徴として、リップルマーク(さざ波模様)があります。

とても、きれいですね。

アメリカンブラックチェリーと同じように、リップルマークがでる木材が、「栃ノ木(トチノキ)」です。

栃ノ木の一枚板で作ったテーブルなども、とても素晴らしいです。

栃ノ木の記事もございますので、是非、一緒にお読みください。

ブラックチェリーにも、栃ノ木にも、とてもとても愛着が湧くことでしょう⇩

ブラックチェリー材についてのまとめ

 

「ブラックチェリー材の特徴・種類・使われる家具について」お届けしていきましたがいかがでしたか?

ブラックチェリーは、年月が経つにつれ、風合い、色味が変化し、味のある家具になっていきます。

 

ブラックチェリー材は、新品の状態と、経年変化した状態では、家具の表情が全く違います。

同じ家具でも、木目や、キャラクターマークによって、違ったデザインのものに見えたりと様々な発見がありました。

経年変化を楽しみたいという方にはおすすめの材です!

インテリアの一つとして、お部屋に加えてみてはいかがでしょうか

Sponsored Link

木材

Posted by MOhkubo