ヒッコリー木材ってどんな木?特徴・種類・用途などを総まとめ

今回は、ヒッコリー木材についてご紹介していきます。

ヒッコリー木材とは、心材の色が、淡赤褐色の色味をしていて、とても丈夫な木材です。

その丈夫さから、スキー板ドラムのスティックなどに、よく使われています。

ヒッコリーなんて、名前だけ見ると、とても可愛らしい名前ですが、重厚で、硬く、衝撃にも強い木材なんです。

あまり、知られていないヒッコリー木材の特徴、用途などをまとめました。

それでは、「ヒッコリー木材ってどんな木?特徴・種類・用途などを総まとめ」を、最後までご覧ください。

Sponsored Link

ヒッコリー木材ってどんな木?

ヒッコリー木材は、クルミ科の広葉樹です。

  • 別名:ピグナッツヒッコリー ブルームヒッコリー
  • 原産地:北米 アメリカ合衆国の北東部に分布
  • 樹高:20m〜30m
  • 色調:心材は淡黄白色からピンク味を帯びたような色で、辺材は淡い灰色です。

主に、アメリカに分布している木材です。

樹高が20m〜30mにまで成長し、クルミ科に属する硬い木です。

アメリカでは、燻製を作るときの燻煙材(スモークチップ)として、伝統的に使用されています。

 

【特徴】

  • 乾燥が早い
  • 乾燥後の安全性が高い
  • 強度が高い
  • 木目は通っているが、まれに波状または不揃いのものがある
  • 衝撃に強いため耐性がある
  • 加工は木理(木目)によって難しい場合がある
  • 木肌は粗め
  • 土中では腐りやすく、虫害を受けやすい

ヒッコリー木材は、乾燥が早い特徴を持っていますが、乾燥中にねじれが生じることもあり、多少の収縮があります。

そのため、乾燥は慎重に行う必要があります。

しかし、乾燥してしまえば安全性は高く、強度もあり、衝撃にも強い木材なので、とても丈夫であるといえます。

そして、加工はしやすいのですが、木目が波状になっていたり、不揃いであったりする場合は難しくなります。

加工する場合は、ヒッコリー木材は、木肌が粗い樹種なので、道具の刃先を鈍らせてしまう性質があるため、機械での加工には向いていません。

しかし、ヒッコリー木材の仕上がりは、とても綺麗に仕上がり、ツヤ出し剤との相性も抜群なのです。

Sponsored Link

ヒッコリー木材って種類はあるの?

ヒッコリー木材は、「本ヒッコリー」と「ペカンヒッコリー 」に分かれます。

それぞれの違いについて、ご紹介していきます。

【本ヒッコリー】

本ヒッコリーは、カナダとアメリカの東部にかけて分布、また、メキシコにも生育しています。

色味は、赤みを帯びたような色味をしています。

本ヒッコリーは硬く、比重は0.83です。

カンヒッコリー】

ペカンヒッコリーは、主として、アメリカ南東部からメキシコにかけて分布するものと、東部とカナダ南部に分布するものがあります。

ペカンヒッコリーの色味は、白色から黄白色で、見た目は、本ヒッコリーとよく似ているため、区別がつきにくい木材です。

比重は本ヒッコリーに比べ軽く、0.75とされています。

 

その他にも様々な種類のヒッコリー があり、その種類は20種類ほどあるとされています。

その一部をご紹介します。

【オーバータヒッコリー 】

ペカンヒッコリー同様に、北アメリカ東部原産のクルミ科の落葉樹です。

オーバータヒッコリーの実は、小さく、殻は、硬い素材になっています。

こちらの実は、食用として食べられています。

和名として「アラハダヒッコリー」と呼ばれています。

【オバリスヒッコリー 】

オバリスヒッコリー も北アメリカ東部原産の落葉中高木です。

こちらも実が付きますが、食用としては適さないものになります。

Sponsored Link

ヒッコリー木材はどんな用途に使われているの?

ヒッコリー木材は、強度が硬く、衝撃にも強いことから。。

  • スキー板
  • ドラムのスティック
  • 器具の柄
  • 体操のバー

などの運動用具などにも、使われています。

  • ドラムスティック

  • 片手斧

斧の柄の部分に使われている木材が、ヒッコリー材になります。

強靭で弾力のあるヒッコリー材は、工具などの柄の部分にもよく使われています。

  • フローリング

 

床材としても使われているヒッコリー木材は、衝撃にも強いので傷がつきにくく、表面の色合いも黄白色で、辺材の部分が白っぽい灰色に分かれているのが分かります。

部屋のフローリング材として使うと、部屋の雰囲気がとても明るくなり、インテリアもしやすくなるのではないでしょうか。

また、テーブルなどにも使われるヒッコリー木材は、インテリアの主役にもなれる逸材です。

同じクルミ科の広葉樹に、ウオールナット材があります。

厳しい寒さのなかで、時間をかけて成長するために、ヒッコリー材と同じように、とても硬い木として有名です。

そこで、ウオールナット材についての記事もございますので、是非、一緒にお読みいただき、木材についての知識を深めて、もっともっと木材に愛着をもってください⇩

 

Sponsored Link

ヒッコリー木材についてのまとめ

「ヒッコリー木材ってどんな木?特徴・種類・用途などを総まとめ」についてお届けしましたが、いかがでしたか?

ヒッコリー木材は、強度が硬く、衝撃にも強い特徴があるため、運動用具として使われることが多くあります。

スキー板や、野球のバッド、また、ドラムのスティックなどにも使われています。

また、フローリング材としても、肌目は粗いですが、仕上がりはとっても美しい仕上がりになりますので、おすすめの木材です。

統一感のない色使いは、味があり、同じ模様がないオリジナルなフローリングになります。

床材を悩んでいる方はぜひ、ヒッコリー材も検討してみてはいかがでしょうか!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

Sponsored Link

木材

Posted by MOhkubo