黒柿とはどんな木?種類・特徴・使われる家具などを総まとめ

2022年9月10日

木材の色って、どんな色でしょうか?

多くの方は「茶色」や「白色」のような色をイメージするかと思います。

もちろん、そのような色合いの木材は沢山あります。

しかし、木材の中には、とても木材とは思えない色合いを出す物があるのです。

様々な色合いのある木材ですが、その中でも古くから珍重された色といえば「黒色」でしょう。

 

日本には古来、黒色を特徴とする木材は、ほとんど存在していませんでした。

後年には、ヤエヤマコクタンや、他の輸入材で黒色の木材も扱われています。

昔の日本で黒色を持つ木材こそが、クロガキだったのです。

その黒さに、多くの人が憧れを抱き、そして貴重な物として扱われてきた歴史があります。

ここでは、「クロガキ」について話を進めていきましょう。

Sponsored Link

黒柿とはどんな木?

 

まず、黒柿(クロガキ)という樹木の種類は、存在しません。

どういう事かと言うと、黒柿とは、皆さんがご存知の柿の木そのものなのです。

桃栗三年柿八年という言葉にもある柿。

秋の味覚として多くの方に好まれる果実の柿。

その柿が実をつける木です。

柿の木が、大きく育ち、古くなっていくと、ごく稀に色素異常をきたして、黒い色素が沈着する事があります。

 

なぜ、色素異常をきたすのかは良く分かっていません。

育ち方なのか、育った地域なのか、それらもよく分かっていないのですが、稀に黒くなる柿の木があるのです。

自然が生み出した気まぐれとも言える柿の木、それがクロガキです。

Sponsored Link

黒柿ってどんな特徴があるの?

黒い色素は、タンニンが金属分子と結合した物が、主成分と言われています。

タンニンというのは、植物が持つ成分で、タンパク質と強く結合する性質を持っています。

タンニンは、動物の皮をなめす際にも用いられ、皮が革になるためには必要なものでした。

 

タンニンは、口に入れると渋く感じる成分で、粘膜などのタンパク質を変化させるので渋く感じるようです。

黒柿(クロガキ)は、その名の通り、黒色が入った柿の木を木材として扱われた物です。

黒柿(クロガキ)は、全てが真っ黒というイメージではなく、どちらかといえば白い木に、墨汁を流したような穏やかな色合いが特徴です。

 

黒柿(くろがき)は、日本人の美的感覚にマッチした風合いで、和のテイストが非常に強い木材とも言えるでしょう。

強調されない黒色こそが珍重される理由です。

黒柿は、古くから、装飾品や美術品、茶道具などに利用され、非常に高価な物として取引されてきました。

柿の木の割れやすい性質と、希少価値が高いことから、フローリングなどに使用される事はありません。

Sponsored Link

黒柿はどんな家具に使われているの?

クロガキは、その価格の高さからも、日本では非常に高価な製品に加工されてきました。

木材としては、柿の木と同じ性質を持ちますので、用途は基本的に、柿の木がベースとなります。

柿の木は。。

  • 裂けやすい
  • 割れやすい

という性質があるので、建築材などには、一般的には不向きです。

また、価格が非常に高いために、家具に使用する際にも、あまり大きな家具としては流通しません。

小ぶりの箪笥小物入れ茶杓(ちゃしゃく)指物、または、囲碁や将棋に用いられる碁笥(ごけ)などに用いられます。

 

  • 黒柿 箪笥

 

  • 黒柿 木箱

 

 

  • 黒柿 シャーペン

 

 

  • 将棋 丸型駒箱

近年では。。

  • 本のしおり
  • 筆記用具

などに加工される事もあります。

ただし、金額は一般的な黒柿(クロガキ)であっても非常に高価な物となるでしょう。

黒柿の記事は、他にもございます。

黒柿の杢だったり、色の経年変化だったり、もっと詳しく書いてございますので、この機会に是非、ご一緒にお読みください⇩

Sponsored Link

 

黒柿 万力(まんりき)ってどんなもの?

古くから、クロガキの風貌は憧れの的でした。

どのような業界でも、クロガキの魅力を最大限に、引き出そうと、様々な加工品が登場してきました。

釣りは、多くの方が趣味として楽しむ、アウトドアレジャーのひとつです。

釣りと一言で言っても。。

  • 海釣り
  • 渓流釣り
  • ルアーフィッシング

など、様々な釣りの対象や、釣り方があるようです。

なぜ、クロガキの話題に釣りの話が出てきたのでしょうか。

実は、釣りの中でも、古くから日本で愛されている釣りに「ヘラブナ釣り」があります。

ヘラブナ釣りの愛好家の方は、実は、クロガキに対して特別な思いを持たれているそうです。

ヘラブナを釣る時に、ヘラ竿を固定する道具を用います。

その道具を「万力(まんりき)」と呼ぶのですが、最高級の万力が、黒柿(クロガキ)で作られた物と言われています。

確かに釣り竿を固定する道具に、クロガキの表情があしらわれていたら、それは見事な物でしょう。

色々なところで、活躍している黒柿ですが、同じように黒い木として、黒檀(コクタン)がありますね。

この黒檀についての記事もあります。

同じ黒い木でもどのようなものなのか、ご一緒にお読みくださいませ~⇩

また、黒い木として、有名なのが、「ウェンジ材」がありますね。

ウェンジ材についてに記事もございます。

是非、この機会にご一緒にお読みいただき、木材についての知識を深め、木材にもっともっと愛着を持っていただければ、嬉しいです⇩

https://mihoyukiko.com/wenji-top/

黒柿木材についてのまとめ

現代でこそ、黒さを特徴とする木材といえば。。

  • アフリカンブラックウッド
  • 黒檀(コクタン)
  • ウェンジ

など、多くの木材を挙げる事が出来ます。

しかし、その中でも、銘木として非常に高い価値を持っているのがクロガキです。

もっと黒く、そして、もっと重厚な木材があったとしても、決して色褪せる事のないクロガキの魅力。

とても、希少価値の高いものです。

まず、一般の店舗で見かける事は出来ない代物だと思います。

しかし、どこかで、クロガキで作られた製品を見る機会はあるかもしれません。

その際にはぜひ、クロガキの風情ある表情と、その値札を見て驚いてみてください。

Sponsored Link

木材

Posted by MOhkubo